粘り強い交渉をしよう|リロケーションで稼ごう|賢い売り出し方一覧

リロケーションで稼ごう|賢い売り出し方一覧

男の人

粘り強い交渉をしよう

マンション

月1万円の負担で買えます

投資用マンションを買う人が増えています。投資用マンションの販売に力を入れる不動産会社も増えており、市場が大きな盛り上がりを見せています。最近では、月々1万円の負担で将来の年金を作ることができる、という売り文句をよく目にするようになりました。これはローンを利用して投資用マンションを購入し、家賃プラス1万円の返済で将来的には、投資用マンションを手にすることができるという意味の広告です。確かに手元資金をあまり使わず、月々1万円の負担だけで、将来、5万円から8万円の家賃収入を得ることができるようになれば、老後生活はかなり安泰です。しかし、折角、投資用マンションを購入して資産形成しようとしているのであれば、毎月お小遣いが得られる形を考えてみましょう。

お小遣いを得よう

毎月1万円の負担をなくし、むしろちょっとしたお小遣いを発生させながら、将来的には、投資用マンションを手に入れるというのは夢のような話だ、という人も多くいます。しかし、これはキャッシュフローを改善することで可能となります。キャッシュフローを改善するには、大きく2つの要素が重要となってきます。1つは購入価格です。返済期間が同じであれば、借入金額が少ないほど、返済額は少なくて済みます。頭金を変えずに借入金額を減らすためには元々の購入価格を小さくすればよいのです。2つ目の要素は返済期間です。返済期間を長くすることができれば、毎月の返済額は小さくなります。投資用マンションを購入する際には、売主と価格交渉を粘り強く行い、金融機関とローンの返済期間を長くできるように交渉してみましょう。